出会った瞬間に目を引かれる、小説のヒロインのような彼女。高品質の素材を使い、彼女の優しさと世界観をうたった詩をボウルの世界に吹き込み、魅了します。お酒を飲むのに、彼女の作品以上のものを私はまだ見つけていません。お茶の魔法が彼女の世界に広がり、間違いなく彼女は私が知っている最も日本人らしい陶芸家の1人です。私は彼女のボウルを何時間でも眺めることができます。その後で味わうと、味が違ってくるのです。 私が取り組んでいる日本酒セレモニーは、彼女からアイデアを得ました。

0