彼女の磁器に対する姿勢は見事で、根気よく彫刻された風景に命を吹き込みます。北斎の空や東京の路地など、彼女のティーカップは旅をさせてくれます。また、彼女は、きれいなラインでエナメル装飾をするのに長けています。広重の夜を想わせる色は、まさに自然から生まれたようです。かつて味わった偉大なワインのように、彼女の作品に触れると感動するでしょう。作品の1つ1つは、精緻で、誠実な美しさと魂があります。

0